2009年02月20日

安いチェーンの居酒屋

P0008のコピー.jpg
 チェーン店の安い居酒屋はすでに消耗戦に入っている。夕方になると駅前で一生懸命ティッシュやチラシ、声掛けを行っている。景気の後退感は普段安い大手のチェーン店を訪れる客層を確実に直撃している。といいたいところだが、それはそうであるとして外食しすぎじゃねぇ?
 景気のいいとき大手の居酒屋チェーンなど競ってローカルなところにまで多くの人数が収容できる店を作りまくったせいで、本来の客数以上に座席数を作ってしまい、ちょっと客足が落ちるともう大変という状態なのではないだろうか。
 これを機に少し淘汰されて適正な店の数になったほうがいい。とにかく飲食店、それもチェーン店が増えすぎた。
 すでに消耗戦に入った安いチェーンの居酒屋はいったいどこが残るのだろうか?
posted by pochi at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 斬る!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26986916

この記事へのトラックバック